2017-07

メタルラック(シルバーシェルフ)の固まった棚の話 - 2014.07.12 Sat

かなり前の話なのですが、キッチンにパン用の電子発酵器を設置したときのことです。


我が家のオーブンの天板(30cm×40cm)が入ること前提に色々検討した結果、こちらに決めました。
「たためる発酵器」も迷ったのですが、自分的には「4段入る」ことが決め手になりました。(「たためる発酵器」は3段の仕様です)


***


キッチンに置いてあるメタルラックがちょうどいい寸法のようだったので、商品を発注した後、棚の高さを調節すべく分解しようとしたのですが、長年同じところに棚をつけたままにしていたせいでがっちりと固まってしまい、どう頑張ってもピクリとも動きません。

油汚れのせいかな?と、パッキンの部分にマジックリンをスプレーしてみても焼け石に水状態。無駄です。

よくよく考えてみたら、もう10年くらい棚の高さを変えていない気がします。


主人に「これ固すぎて私じゃびくともしないからお願いできない?」と頼んでみたところ、2秒くらい引っ張ってみただけで速攻で「これはアカンわ。絶対無理。新しいの買うしかないわ」と匙を投げられました。

そんなすぐ諦めちゃう?

うーーん……



ポクポクポク。。。



チーン!


きた!



…で、お試し。



IMG_7174.jpg
工具箱から金槌を持ってきて、軽~い力で下からコンコンコン。


あっさり外れました!


IMG_7175.jpg

ほら!ほら!!
(↑主人に^^;)


この外し方、きっと常識なのでしょうけれど^^;、思い至ってよかったです。
それにしても、全然使えているものをあっさり捨てて新しいのを買うなんていう発想はびっくりしますわぁ^^;
ラックもきっと冷や汗ものだったことでしょう。


***


で、設置…。

IMG_7368.jpg
しつらえたようにぴったり収まりました♪


使い始めてもう結構になりますが、とっても快適、良好です!


***


パン用の発酵器の多くは加温機能のみなので、室温以下には出来ないため、暑い季節の天然酵母の発酵は今まで通りマサオくんにお願いしています♪



ずーっと愛用してきて、もう長い付き合いです^^






読んでくださって、ありがとうございました。
  • Tag:調理器具,

  • パン作り | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    木製乾ホイロ(発酵板?)の作り方と寸法 - 2014.01.10 Fri

    以前当Blogで紹介した、木製乾ホイロ

    CA3C0177_20121112235059.jpg

    フランスパン作りにヘビロテしています。
    この上にキャンバス地等でうねを作って、バゲットなどの生地を二次発酵させます。

    作製してからもう1年以上になりますが、まだ壊れたこともないなあ…。



    この作り方と寸法についてお問い合わせをいただきましたので、ご参考までに私の場合をUPします^^




    《材料》

    板:30cm×30cm×厚さ5mm……1枚

    角材:長さ910cm×高さ3cm×幅1.2cm……1本


    ※30cm×30cmという大きさは我が家の発酵設備の大きさに合わせたので、ご家庭の設備の大きさに合ったサイズの板をご用意下さいね♪
    (ホームセンターで木材をカットしてくれるサービスを利用なさるのも良いかと思います)




    《道具》

    のこぎり(私はホームセンターの有料カットサービスを利用しました)

    紙やすり(粗目#80、細目#400)

    接着剤(とってもトラジショナルなセメダイン)

    さすが昭和人間にとって接着剤の代名詞でもあるセメダイン、強度ばっちりでした♪




    《作り方》

    1)角材をカットして30cm長さ×2本取ります。

    2)カット面にやすりを丁寧にかけます。(粗目→細目で、自分の納得いく滑らかさに)
    CA3C0251_20140802172528f56.jpg


    3)↑の角材の1.2cm幅の面に接着剤を塗り、板の両端にくっつけます。
    CA3C0254_20140802172531974.jpg CA3C0253_20140802172529627.jpg


    下向きに置いて、板の面に適当な重しを乗せ、一晩くらい圧をかけてしっかり接着できれば完成です。




    使い方は、布取り発酵の際に、この上でキャンパス生地でうねを作ります。

    ホイロが終わったら、テーブルクロス引きの要領で発酵板だけを手前に引き、生地の入ったキャンバス布を作業台の上に滑らせます。そして、布を左右に引っ張ってまっ平らにしたら、生地を取り板でオーブンシートに移していきます。
    IMG_686.jpg IMG_687.jpg
    (これはパン教室でのレッスン中の写真です)





    ご参考になれば幸いです♪







    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:調理器具,

  • パン作り | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    こども包丁 - 2013.11.08 Fri

    娘はお料理が大好きで、2歳頃から台所仕事を手伝いたがり、包丁も私に後ろから握ってもらって一緒にやりたがります。

    4歳(年少さん)になったし、「そろそろ自分だけで切ってみたい?」と聞くと、「うん!!」。

    でも、私の包丁は「牛刀」というやつで、先がかなりとんがっていて(うっかり落とすと床にビョーンと突き刺さります)、小さな子どもに一人で持たせるのはとてもじゃないけど危ないので、子供用の包丁を購入することにしました。

    「正広 こども包丁 りす」という商品です。


    りすは幼児用、うさぎは小学校低学年用、くまは小学校高学年用とのことです。


    CA3C0037_20131108085848c45.jpg CA3C003.jpg
    娘へのプレゼントにしたかったので、ラッピングをお願いしたら、こんな感じで届けてくださいました。
    また、納品書に達筆な字でメッセージが書かれていて…、こういう心遣いって嬉しいものだなあと思いました。

    包丁が届くのを楽しみにしていた娘に渡すと大喜びしてくれました。



    早速、包丁を使うときのルール(猫の手、置く時の向きなど)を伝えた後、なるべく柔らかくて切りやすそうな食材ということで、見守りながらエノキとキャベツを切らせてみました。

    エノキは良好だったのですが、キャベツは子供には意外と切りにくかったらしく、押し切りでなく前後にギコギコを切ろうとして、冷やっとする場面がありました。
    本人はものすごく喜んでくれているのですが、安全第一なのでつい鋭い声を掛けてしまったりも…。

    バナナみたいな柔らかいものがいいかな、でもちょっとヌルっとするかな?など考えていくと結構難しくて…。



    そこで、COOKPADの掲示板で、子どもさんに包丁を使わせてあげたママさんに、「これは切りやすくて比較的安全に包丁の練習ができたよ」、というオススメ食材を質問してみたところ、色んなアドバイスをいただけました。
    なんてありがたい…。


    覚書

    食材:◎柔らかすぎず、硬すぎないもの

    ・ナス(皮を剥いて)
    ・魚肉ソーセージ(縦に切ってあげてから)
    ・竹輪
    ・油揚げ
    ・豆腐
    ・ゆで卵
    ・きゅうり(縦半分に切って)
    ・蒲鉾

    慣れたら
    ・トマト
    ・ウインナー
    ・バナナ

    ・錦糸卵(薄焼き卵まで母が)
    ・お鍋用の野菜(大きめに切るので安心)
    ・コンニャク(手綱に捻る所まで)


    お料理のアドバイス:
    ・キュウリとワカメの酢の物
    火を使わないので、工程の最初から最後まで関わらせてあげられる

    >うちの姉妹の最初のお手伝い料理はきゅうりの酢の物でした。
    >半分に切ったきゅうりを半月切りに。
    >竹輪を輪切りに。
    >塩蔵わかめを戻して筋を取って一口大に。
    >ゴマをすり鉢で半摺りに。
    >スダチを絞って、お砂糖とお塩を測って合せ酢を。
    >庭のプチトマトを洗ってヘタを取って彩りに。
    >全部姉妹二人で作った!て達成感で、しばらくはヘビロテ料理でした。


    確かに、うちのお手伝いの定番のカレーは、火にかけたところでお手伝い終了だったのです。
    なるほどなあ!と思いました。



    ありがたや~!!と感謝しつつ、早速アドバイスいただいた竹輪を切らせてみました。

    CA3C004_20131108085852c9e.jpg CA3C0043_20131108085849604.jpg
    おお!いいです!

    翌日の遠足のお弁当のおかずになりました♪
    自分で切った竹輪だと美味しさひとしおかな?



    質問に答えてくださった先輩ママさんのお言葉…嬉しかったです^^


    >可愛いけれど、忙しい時などお願いされると大変でした。頑張ってくださいね♪


    やりたい!と言われると、何倍も時間もかかるし、どっと疲れるので、正直大変なのですが、余裕があるときはなるべくさせてあげたいものです。






    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:調理器具,おかず,

  • 家族 | Comment : 2 | トラックバック: : 0 |

    栗仕事(栗ご飯、モンブラン、栗生どら焼き) - 2013.11.05 Tue

    娘が幼稚園のお友達のママさんから栗拾いの栗を1個もらってきて、嬉しそうに遊んでいました。
    あまりに大事にしてるので、割って食べちゃうのも忍びない。。

    あの茶色いぴかぴかの外見の栗と、黄色い食べる栗が、彼女の中でまだ一致していなかったので、生栗を買ってきて栗剥きを見せることにしました。


    PAP_0098.jpg
    軽く茹でてお湯につけておいてからむきむき。



    うちのはこれです。
    くりくり坊主、2じゃなくて敢えて初代の方です。替え刃タイプの方が好みなので…。
    包丁だと怪我が怖いので購入したのですが、もうかれこれ6~7年お世話になっているような。



    PAP_0089.jpg
    もち米も入れて、栗ご飯。
    もち米で湿疹が出る娘には普通のご飯バージョンで。。



    PAP_0095.jpg
    あとの栗はきび砂糖、牛乳と一緒に煮て、バニラエッセンス、ラム酒を加えてマロンペーストにしました。
    渋皮煮で作るマロンペーストとはまた違った優しい味わい。
    生クリームで伸ばせば、モンブランのクリームに。



    PAP_0061.jpg
    モンブラン
    ボトムは主人の意見によりマドレーヌにしました。
    生クリームを絞り、その上からマロンクリームをたっぷりと。



    CA3C0025.jpg
    栗生どら
    生クリームとマロンクリームを混ぜて娘の大好物の「どら焼き」の生地でサンド。ちょっと洋風テイストになりました。
    生どらって美味しいですよね。
    冷凍保存OKなので、平日に作っておいて、週末のおやつになりました。






    読んでくださって、ありがとうございました。
  • Tag:おやつ,おかず,調理器具,

  • お菓子 | Comment : 2 | トラックバック: : 0 |

    アイスクリームメーカー初稼動&「爽」風アイスレシピ♪ - 2013.09.02 Mon

    先日購入した貝印のアイスクリームメーカー。


    2500円くらいとお安かったので、本当にちゃんとできるんかいな…と半信半疑だったのですが(怒られるぞ…)、8月が終わってしまう前に稼動させてみよう!と思い立ち、作ってみました。


    heart_01.gif


    うちは主人が「爽」が好きなので、ちょっとさっぱりめの仕上がりになるようにしてみました。


    ・牛乳 150g
    ・ホイップクリーム 60g(今回は植物性を使用)→50gでOKです♪
    ・砂糖 45g
    ・玉子 1個(溶きほぐしておく)
    ・塩 少々
    ・バニラエッセンス 5滴程度

    (この分量で、食後のデザートサイズなら3人分、がっつりサイズなら2人分くらい出来ました)


    をボウルに合わせ、冷凍庫に1日以上入れてしっかり冷やしておいたポット部分に投入、羽根をセットした蓋をしてスイッチオン。


    CA3C0159_201309020816427ff.jpg
    20分くらい待つ。。。


    室温が30℃を超えていたので、一応気休め程度にアイスクリームメーカーの下に保冷剤(大)を敷いておきました。

    さらさらの液体の中で健気にクルクル回り続ける羽根。……しかし私が一番「これが本当にアイスになるんかいな?」と信用してない…^^;

    娘に「アイスクリームできるかな~?♪」と聞かれても、「さあ、どやろなあ、なれへんかもなあ」という夢のない返事。。



    しかし!

    CA3C0166_201309020816485fe.jpg
    おおっ!ほんまにでけた!!


    出来立てすぐは、ソフトクリームみたいな状態です。
    蓋部分を外してポットごとまた冷凍庫に入れておけばしっかりと固まり、硬くなく、ふんわりと普通のアイスクリームのようにすくえます。


    CA3C0170_201309020816492c3.jpg
    こちらは数時間冷凍庫に入れておいてからスプーンですくったものです。



    味も美味しくて、家族に大好評でした!


    以前、生クリームのみでリッチな(食べ終えたあと唇が脂でテッカテカするような)アイスクリームを作った時は「脂っこい」と言われてしまったのですが、今回の配合はヘルシーだけどちゃんとバニラアイスって感じでほどよかったようです。


    娘は出来立て、夕飯前、夜の3回食べていました。。



    この機械、お安いのにこんなに素晴らしい仕上がりになるなんて。さすが日本の貝印製。もっと早く稼動させれば良かったです。
    アイスクリームって結構涼しくなってからも需要があるし、これからかなり活躍してくれそうです。

    フレーバーも、抹茶にココア、ジャム、練りorすりゴマ、きな粉など手軽に変えられそうだし、シャーベット系もいけますね。
    澱粉や増粘剤を使えば、生クリームなしでもまったり濃厚食感のものも作れると思います。
    楽しそう……♪

    アイスクリームディッシャーが欲しくなってしまいました^^







    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:おやつ,レシピ,調理器具,

  • お菓子 | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    めけてー

    Author:めけてー
    大阪府堺市北区の自宅で小さなパン教室「FUCCA(フッカ)」を開講しています。

    主人と娘(7歳)、息子(3歳)の4人家族です。

    会社員時代はデザートと介護食&病院食の開発をしていました。

    現在は自宅でパン(イースト、自家製天然酵母)、お菓子を作っています。

    カテゴリ

    日記 (32)
    パン作り (321)
    お菓子 (216)
    料理 (48)
    収納・DIY (22)
    家族 (34)
    お弁当 (37)
    食を科学する!?話 (19)
    お店のうまいもん (18)
    手作りパン教室 FUCCA  (149)
    習い事 (30)
    お気に入りレシピ (31)
    本 (10)
    カレー (8)
    すきま菜園 (23)
    FUCCA日程表 (1)

    タグ

    バラエティパン (361)
    おやつ (318)
    フランスパン (204)
    サフ (190)
    イースト (163)
    おかず (159)
    レシピ (146)
    角食 (112)
    山食 (93)
    酒種酵母(酒粕酵母) (68)
    カンパーニュ (34)
    自家製酵母 (32)
    ホシノ天然酵母 (26)
    クロワッサン (25)
    ビタントニオ (25)
    覚書 (24)
    レーズン酵母 (15)
    パニーニプレート (13)
    お弁当 (13)
    調理器具 (11)
    ヨーグルト酵母 (11)
    100円ショップ (11)
    リメイク (10)
    顕微鏡写真 (10)
    リビング (9)
    ピッツェルプレート (9)
    キッチン (8)
    HBおまかせ (7)
    ホームセンター (6)
    パネトーネマザー (5)
    修理 (4)
    塩酒粕 (3)
    トイレ (2)
    掃除 (2)
    生イースト (1)
    洗面所 (1)
    家具 (1)

    カレンダー(月別)

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    FC2カウンター

    FC2カウンター2

    現在の閲覧者数:

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Recommended Items

    検索フォーム

    最新コメント

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    アクセスの多いページ