2012-12

黒豆 - 2012.12.31 Mon

今日はお節料理を作っていました。

昨年の大晦日に友達のお姑さんから習って、今年は自分で。。
でも、教えてもらったのは高度なメニューだったので、簡単なものにチェンジ^^

主人は年末ずっと休みが無くて、大晦日も泊りがけで仕事で、3歳の娘と二人きりの年越しです。
お節作りもどうなることやら…と思っていたところ、ちょうどありがたいことに昼間にNHKで「おかあさんといっしょ」スペシャルを放送してくれていて、娘がそれに釘付けだったので、とってもはかどりました♪
まさかまともに作業させてもらえるとは思ってなかったです。


heart_01.gif


釘と言えば、一昨日、黒豆を煮ました。

黒の色素を綺麗に発色させるため、錆びた釘(鉄)を使うのですが、今の時代そんなもん家に転がってないよなぁ~と思っていたところ、職場の農場の納屋に“どうせ捨てる錆び釘”がいっぱいあって、ありがたく分けていただきました。
CA3C0158_20121231005239.jpg
「これで黒豆を煮やがれ」と言わんばかりの光景だなあと思って。。なんだかシュールだったので思わず写真を撮ってしまいました。



CA3C0150_20121231005235.jpg CA3C0152_20121231005236.jpg
レシピは「きょうの料理」のこちらで作りました。作りやすく、美味しく出来ました。

錆び釘の色のビフォーアフターがすごいです。化学反応なんだそうです。


覚書

有元 葉子 2012/12/10放送

全量1840kcal

調理時間480分
豆を煮汁に浸す時間、煮えたあと冷ます時間は除く。全工程に1日半~2日間みておくとよい。

材料(でき上がりカップ4)
・黒豆 (乾) 300g
*新豆でない場合は、水に一晩つけ、水けをきってから使う.【

A】
・グラニュー糖 カップ2+1/2
・しょうゆ 大さじ2~3
・古くぎ 4~5本(あれば)
*黒豆のアントシアニンという成分に鉄を反応させ、美しい黒色に仕上げるために使う.


つくり方
1
厚手の鍋にたっぷりの水を入れて【A】を加え、不織布製のお茶用パックで古くぎを包み、ひもで縛って加える。
水の量が分かりにくければ、先に豆を鍋に入れてたっぷりかぶるくらいの水を注ぎ、そこから豆を取り出せばよい。

2
1を中火にかけてグラニュー糖を溶かし、火から下ろす。温かいうちに黒豆を加え、5時間以上浸しておく。

3
2を中火にかけ、煮立ったらアクを除き、ごく弱火にする。豆が踊ったり、ゆで汁から出ないように、適宜水を加えながら8時間以上煮る。好みの柔らかさになったら、火を止めて冷ます。


《保存》
汁ごと小分けにして、清潔な空き瓶に入れる(あまり詰めすぎず八分目くらいまで)。冷凍庫で保存し、食べる前日に冷蔵庫に移す。


CA3C0154_20121231005238.jpg C3C015.jpg
完成~

娘が「あじみ!!」と催促。。
お箸の練習になるから、こりゃいいわいと思いました。



黒豆を煮ながら家の大掃除をしていました。

甘い匂いが満ちた家中をひたすら拭きながら、考えるともなしに色んなことを考えていました。

今年は、自分にとって、悲しい出来事が今までの人生の中で一番多く起こった年でした。
だからと言って、悪い年だったかというと、そういう訳でもないのです。
そういう時もありますよね…。
いつもワーギャー言ってくる娘に、やっぱり一番助けられているような気がします。



今年も、お付き合い下さいまして、本当にありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください!
  • Tag:おかず,レシピ,覚書,

  • 料理 | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    完熟柿の水分だけで仕込むしっとり山食 - 2012.12.30 Sun

    CA3C0162_20121227201521.jpg
    持っただけで潰れてしまいそうな完熟柿が家にいっぱい…。
    これじゃ人様に差し上げることも出来ないし。。
    そこで、パンの仕込水として使ってみることにしました。


    CA3C0163_20121227201521.jpg CA3C0164_20121227201522.jpg
    ハンディーブレンダーで滑らかなピューレ状に。


    CA3C0177_20121227201352.jpg
    水を一滴も使わず、柿の水分だけ。
    ついでにお砂糖も不使用。
    柿1個でうちの1斤型ちょうど1個分のパンが仕込めます。



    CA3C0169_20121227201347.jpg CA3C0172_20121227201350.jpg
    この柿山食が家族にとっても好評で。。
    甘くてしっとりなんです。
    油脂ちょっぴり(2~3%、普通の食パンの半分)なのにしっとり。
    柿のあのぬるっとした食物繊維が良い仕事をしてくれていると思われます。



    CA3C0178_20121227201354.jpg CA3C0152_20121227201351.jpg
    こちらも手丸め成形。



    CA3C0162_20121227201633.jpg CA3C0167_20121227201636.jpg
    こちらは唐草詰め。



    CA3C0152_20121230074546.jpg
    こちらも唐草詰め。
    柿の個数=パンの個数にて。。
    これで4個目の柿ですね。




    まだ柿があるので、きっとまだ作ると思います。








    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:サフ,山食,

  • パン作り | Comment : 2 | トラックバック: : 0 |

    カントリーママのジャム♪ - 2012.12.29 Sat

    仕事場の隣のデスクのアメリカ人の女性職員の方が、「Merry Chirastmas!」と、ミネソタ州にお住まいのお母様が作ったジャムを下さいました。

    「あなたは沢山パンを焼いているから、これを使って」的な言葉とともに。。


    CA3C0155_20121229094801.jpg
    貴重なお母様の愛を私に。。><
    感謝です!


     CA3C015_20121229094800.jpg
    蓋のラベルには、「Pear-adise Marmalade:Pear、Pineapple、Orange、Lemon、Sweet cherry」の文字…。
    すご~い!


    英語が残念すぎる私は、「サンキューベリーマッチ!」、「アイムハッピー!」、あとはウォーとかワォーとか…奇声ともいう……。残念すぎます><
    残り90%の感謝の気持ちは、この顔面いっぱいの笑顔で伝わったかなぁ?


    早速その日のランチに、プレゼントしてくれたご本人と、ちょうどいらした先生とともに、その日持参していた柿酵母のバゲットにつけてトライ。
    まさにお店の味、とっても美味♪

    感謝、感謝です!!


    CA3C056.jpg



    「Pear-adise Marmalade」で検索してみたら、Kraftのこちらのレシピがヒットしました。
    このレシピかどうかはわかりませんが、とても似ているような気がします。。?
    レシピでは「butter or margarine」って書いてますが、それは入っていなさそうな印象でした。
    しっかりゲルしているので、ペクチンは入っていると思われます^^









    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:おやつ,レシピ,

  • お菓子 | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    シュークリーム - 2012.12.28 Fri

    シュークリームを作りました。


    CA3C0155_20121227201110.jpg
    中身はディプロマットクリームです。溶かしたホワイトチョコを細く絞り出してトッピングしました。


    12歳、6歳、3歳の娘ちゃんがいるお友達宅に遊びに行く際の手土産に^^


    …その子の家にWiiのゲーム「太鼓の達人」があって。。
    ちゃんと太鼓とバチがついているんです。

    これがもう面白くって。
    年甲斐もなく、汗ばむほどやってしまいました。。
    なんだか久しぶりに童心に返ったなぁー!と思いました。









    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:おやつ,

  • お菓子 | Comment : 2 | トラックバック: : 0 |

    シフォンケーキ - 2012.12.27 Thu

    CA3C0158_20121223223255.jpg
    シフォンケーキを焼きました。
    φ18cm、全卵3個使用です。

    お菓子作りをよくわかっていない頃に買った型なので、シフォン型なのにフッ素加工…。
    おかげで生地がすべっちゃうらしく、思うように高さが出ません^^;
    使い込んでいって、自然と型に細かい傷がいっぱい付いていったら、どんどん生地が型を掴んでよじ登れるようになるのかなあ…。

    …高さは出ずとも、シフォンケーキってしっとりふわふわなので好まれます♪




    CA3C0159_20121223223258.jpg
    練乳入りホイップクリームを添え、黒蜜ときな粉をトッピングしました。
    ちょっと和テイストになりました。


    大学時代の友達3人組で久しぶりに私の家に集まった際のおやつにお出ししました。
    1歳の男の子もペロリと2カット平らげてくれて、おばちゃんとっても嬉しかったよ。


    娘が「シポンケーキ!」と催促するので、翌日も一台焼きました。
    どうもあのドーナツ形が面白いらしいです。







    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:おやつ,

  • お菓子 | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    ドラえもんケーキ - 2012.12.24 Mon

    娘が超楽しみにしていたクリスマス。。

    クリスマスケーキのリクエストは、「ドラえもんケーキ」でした。

    クリスマス感ゼロやんって感じなので、幾度も聞き直してみたのですが、一貫して「ドラえもん!」だったので、決行です^^;

    イオンのケーキカタログの画像をお手本にしました。


    CA3C0172_20121223222956.jpg CA3C0174_20121223222958.jpg
    スポンジは、今回は小嶋ルミさんの「おいしい!生地」の基本のスポンジレシピで作りました。
    水あめが入ってしっとりした生地です。

    ボリューミーに2枚スライスにして、ホワイトキュラソー入りのシロップを打ち、間に苺とクリームを挟みました。せめて中だけでも苺のケーキ…。



    CA3C0175_20121223223000.jpg CA3C0176_20121223223039.jpg
    ドラえもんの顔の水色の部分は、ゼリーで作りました。
    青色の食紅が手に入らなかったので、、季節外れのかき氷シロップ(ブルーハワイ)を購入しました。井村屋さん製です。

    若干の試行錯誤の結果、下の配合がちょうど良さげでした。

    ・ゼラチン1gを水9gでふやかします。(数十分放置)
    ・電子レンジで20~30秒チンしてゼラチンを完全に溶かしたら、ブルーハワイを10g入れて混ぜます。
    ・温度が下がってゼラチンが固まろうとするので、再びレンジで20秒くらいチンして温度を上げます。
    ・さらにブルーハワイを14g入れ、かき混ぜたらドラえもんゼリーの完成です。

    (実際に入れた量の記録ですので、数gの誤差は全然大丈夫かと思われます。)

    熱いままケーキに流すと生クリームが溶けるので、完全にあら熱をとってから流します。
    ゼラチンの固まり始める温度は寒天やアガーよりもずっと低いので、今回のような用途のゼリーには適していると思います。

    pen_01.gif


    ケーキの表面に、ドラえもんの輪郭に合わせて細い丸口金で「土手」を作ります。
    首輪は苺ピューレ入りのホイップクリームです。
    白目はホワイトチョコです。一旦溶かして、フィルムの上にスプーンで丸を描いて冷やし固めました。
    お鼻、鈴、それに黒目は、マジパンです。マジパンはアーモンドプードルと粉糖同量に、卵白で粘度状の硬さにします。お鼻は苺果汁、鈴はくちなしの実、黒目はココアでそれぞれ着色しました。
    黒目中央の『光』はホワイトチョコです。
    お口とヒゲのラインは、ホイップクリームにココアパウダーと竹炭パウダーを混ぜたものを使用しました。

    pen_01.gif


    そんなこんなで…

    CA3C019_20121223222951.jpg
    完成~


    CA3C020_20121223222954.jpg
    かわいそうな断面~



    娘が喜んでくれて良かったです。。^^



    heart_01.gif


    クリスマスのメインは、チーズフォンデュでした。
    ハードブレッドを焼きました。

    CA3C0190_20121223223042.jpg CA3C0177_20121223223408.jpg
    チーズがトロトロに絡まってびよーんと伸びて、好評でした。
    具材は、今回は、海老、イカ、ウインナー、ブロッコリー、人参、ジャガイモ、パンでした。



    作り方です。
    フォンデュ鍋(土鍋OK)にガーリックパウダー少々と牛乳、白ワイン各大さじ2くらいを入れ、沸騰させてから、ビニール袋の中でコーンスターチ(片栗粉でもOK)を薄くまぶしておいたとろけるチーズを軽くひとつかみ入れます。
    それが完全に溶けてから次のひとつかみのチーズを入れます。
    チーズフォンデュは初めが肝心で、チーズを一気に入れちゃうと、水分とチーズが分離してしまうのだそうです。
    チーズを溶かし入れてゆき、お好みの濃度になればOKです。具材を絡めていただきます。

    牛乳、白ワインはどちらかだけを使用してもOKです。
    火加減はとろ火が吉です。

    途中足りなくなったら、牛乳、白ワインを注ぎ足し、チーズも足します。
    とっても適当にやってOKです。

    最終的に今回は大人2人+3歳児で250gのチーズを使いましたが、もっと沢山あった方が良いんじゃないかと思います。
    知人のお家では、3~4人で300g入りのチーズを1.5袋使うって言ってはりましたので、ご参考まで。。








    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:おやつ,レシピ,おかず,

  • お菓子 | Comment : 2 | トラックバック: : 0 |

    教師認定コース(2/4) - 2012.12.21 Fri

    教師認定コース第二回目に参加したときの記録です。



    CA3C0277.jpg CA3C0278.jpg
    角食を作りました。
    家に持って帰ってくる間にちょっとへこんでしまいました^^;



    座学として、製パン理論を勉強しました。



    heart_01.gif



    CA3C0156_20130702190919.jpg CA3C0159_20130702190920.jpg
    自主課題?として、「スローブレッドジャパネスク」で仕込んだバターロール、丸パン、山食を持っていって見ていただきました。







    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:サフ,山食,バラエティパン,角食,

  • 習い事 | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

     - 2012.12.19 Wed

    母方の祖父が亡くなったという報せを受けました。
    ものすごくショックを受け、泣きました。

    3歳の娘が「どうしたん?なんでないてんの?ママ」と聞いてきて…、「もうわかるだろうから教えてあげたら」という主人の言葉で、アルバムを開き、娘が赤ちゃんの時に祖父母と一緒に写した写真を見せて、説明しました。
    娘にとってはひいおじいちゃんです。

    写真の中の祖父の顔を見た瞬間、涙が噴き出しました。



    …ここを読んでくださる方にとって楽しい内容ではないし、こんなことを書くのってどうなのかなあ…と思ったのですが、これから受け止めていくために、自分への記録として書き留めようと思います。

    もし読んで下さった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。

    酒種酵母バゲット、ラスク - 2012.12.15 Sat

    酒種酵母(酒粕酵母)のバゲットを記録。。 



    CA3C0169_20121215173051.jpg CA3C0178_20121215173053.jpg




    CA3C0166_20121215173221.jpg CA3C0173_20121215173223.jpg
    今まで下段で焼いていたのを、上段に変更。。
    左は焼きが強すぎたので、右は焼きを落としてみたら…落としすぎました^^;
    ちょうどパン教室のレッスンの朝だったので、この残念なバゲットをパン教室に持っていって、先生に見ていただきました。アドバイスを沢山いただけました♪




    CA3C0247_20121215173225.jpg CA3C0250_20121215173228.jpg
    もう一本は、娘の大好物のラスクに…。
    このバゲットで作ったラスクはカリっボリっとクリスピーな食感です。
    ラスクにするなら、イーストで作った気泡の小さいバゲットの方がサクサク軽くて良い気もするのですが、酒種酵母バゲットのラスクは旨みと風味が格段に上だと思います。

    いつもの作り方としては、まず5mm程度にスライスしたバゲットを天板に並べ、150℃で15分乾燥焼きします。
    その後、一つずつバターを塗り、砂糖を振りかけて、140℃で15分焼きます。
    最後は、オーブンのドアを少し開けた状態であら熱がとれるまで放置すれば、サックサクのラスクの完成です。



    CA3C0251.jpg








    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:酒種酵母(酒粕酵母),おやつ,レシピ,フランスパン,

  • パン作り | Comment : 2 | トラックバック: : 0 |

    パン教室・クリスマスレッスン(抹茶シュトーレン、ビーフシチュー、ラングドシャ) - 2012.12.13 Thu

    パン教室のクリスマスレッスンに参加しました。


    抹茶シュトーレン、ビーフシチュー、ラングドシャを作りました。

     

    CA3C01861.jpg
    コトコト煮込んだビーフシチュー、美味しい。。
    これは家でも作ろう。




    CA3C0184_20121215130944.jpg
    抹茶シュトーレンは、じっくり寝かせてからいただきます♪

    ラングドシャは、プレーン、ゴマ入りvar、ココア生地でお絵かきしたものも作りました。
    娘の名前と、アンパンマンと、雪だるまの絵を。。
    当日のお土産にしたら、喜んで食べていました^^









    読んで下さって、ありがとうございました。
  • Tag:パネトーネマザー,バラエティパン,おやつ,おかず,

  • 習い事 | Comment : 0 | トラックバック: : 0 |

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    めけてー

    Author:めけてー
    大阪府堺市北区の自宅で小さなパン教室「FUCCA(フッカ)」を開講しています。

    主人と娘(7歳)、息子(3歳)の4人家族です。

    会社員時代はデザートと介護食&病院食の開発をしていました。

    現在は自宅でパン(イースト、自家製天然酵母)、お菓子を作っています。

    カテゴリ

    日記 (33)
    パン作り (328)
    お菓子 (221)
    料理 (48)
    収納・DIY (30)
    家族 (35)
    お弁当 (38)
    食を科学する!?話 (19)
    お店のうまいもん (18)
    手作りパン教室 FUCCA  (162)
    習い事 (30)
    お気に入りレシピ (32)
    本 (10)
    カレー (8)
    すきま菜園 (23)
    FUCCA日程表 (1)

    タグ

    バラエティパン (379)
    おやつ (330)
    フランスパン (209)
    サフ (190)
    イースト (180)
    おかず (161)
    レシピ (147)
    角食 (116)
    山食 (94)
    酒種酵母(酒粕酵母) (68)
    カンパーニュ (34)
    自家製酵母 (31)
    ホシノ天然酵母 (28)
    ビタントニオ (25)
    クロワッサン (25)
    覚書 (24)
    レーズン酵母 (19)
    お弁当 (13)
    100円ショップ (13)
    パニーニプレート (13)
    リメイク (11)
    ヨーグルト酵母 (11)
    調理器具 (11)
    顕微鏡写真 (10)
    ピッツェルプレート (9)
    リビング (9)
    キッチン (8)
    HBおまかせ (7)
    ホームセンター (6)
    パネトーネマザー (5)
    掃除 (4)
    修理 (4)
    塩酒粕 (3)
    玄関 (3)
    洗面所 (2)
    トイレ (2)
    生イースト (1)
    廊下 (1)
    照明 (1)
    家具 (1)
    風呂 (1)

    カレンダー(月別)

    11 ≪│2012/12│≫ 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    FC2カウンター

    FC2カウンター2

    現在の閲覧者数:

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Recommended Items

    検索フォーム

    最新コメント

    最新トラックバック

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    アクセスの多いページ