2017-08

エアコン掃除 - 2017.07.31 Mon

ここのところ、お掃除関係の記事が続いていますね…^^;
私、気になることがあると、それを終わらせてからでないと先に進めないタイプなのかもしれないです。。

何か作る前に、まずお掃除してキレイにしておきたいところがもう少しありまして…。

エアコンです。

フィルター掃除はしたのですが、冷房使用後に結露防止の常温送風運転に切り替わったときに、なんか臭う…><
エアコンの臭いの原因は主にカビ!ということで、これはイカン!と思いました。



エアコン掃除、皆様はどうされていますか?
うちは、今までは、ホームセンターなんかに売っているエアコン洗浄スプレーを吹きかけて、お掃除した気になっていたのですが、あれってあまり意味がなかったのですね。最近知りました^^;


エアコン掃除をプロに頼むと、シンプルな構造のタイプで1台10,000円くらい。
うちのリビングに付いている、自動おそうじ機能付きの機種になると、お値段が跳ね上がって1台20,000円近くかかります。
プロにエアコンクリーニングをお願いすることまで想定してエアコン選びなんてしてなかったよ~><
何も考えず、適当に選んだのでした。。


エアコン掃除をDIYでされている方たちの記事や動画を見てみましたが、これは大変だ、さすがにプロにお願いしよう…と思い、電話してみるも、最繁期なのか、繋がらず、心が折れました・・^^:


早くこいつを何とかしないとと思い、自分で出来る部分だけでもトライしてみることにしました。
やるだけやってみて、やっぱり無理だと思い知ったら外注すればいいじゃないということで。。



***



IMG_6709.jpg
富士通 ノクリアです。
お掃除ロボット付きですが、この自動お掃除機能って、フィルターだけなのだそうです。


あ!
ところで、エアコンの中身の構造って、ご存知でしょうか…?
私、恥ずかしながら、今回調べてみるまで全然知らなかったのです。


image.gif
画像は、こちら↓のクリンサービスさんというお店のHPからお借りしました。
http://kurin.biz/overhaul.html

この、アルミフィン(熱交換を行う部分)と、ファン(シロッコファンなんですね~^^)の2か所がカビの巣窟になりがちで、エアコン掃除のメインターゲットなのだそうです。
よく市販されているエアコン掃除スプレーは、この「フィン」部分だけを対象にしている商品が多いそうです。
風を送り出す「ファン」もとっても重要みたいです。



***



と、いう訳で、まずは下準備…


IMG_7213.jpg
カーテンを外します。

IMG_7212.jpg
年少息子が引っ張りまくってほつれてしまった裾の部分はつくろってから、過炭酸ナトリウム水につけ込んだ後、手洗いコースですすぎ&脱水。
これはエアコンの掃除と並行して行いました。



***



IMG_7218_201707261542129b3.jpg
コンセントは必ず抜いておきます。


IMG_7229_201707261547500ae.jpg
前カバーだけ外してみました。


IMG_7216_20170726154217c15.jpg
そして、とっても大切な作業、養生です。
養生とは、作業中に飛び散った汚れが壁などに付いてしまわないように、あらかじめ保護しておくことです。
家にある一番大きなゴミ袋を用意。


IMG_7217_20170726154218da3.jpg
その一辺をハサミで切り開きました。


IMG_7223.jpg
切り開いた辺をエアコンの周囲の壁にぐるりと巻き付ける感じで広げ、ガムテープで本体に固定しました。
ちょうど赤ちゃんのポケット付きのよだれかけみたいな感じです。



IMG_7219_20170726154214bc6.jpg
まずは、エアコンの上面を拭き掃除。



IMG_7220.jpg
お掃除ロボットのくっついたフィルターは外しました。


IMG_7221.jpg
汚なっ!><
おそうじ機能なしのエアコンなら、この時点で魚のエラみたいなフィン(白いパーツの隙間から見えている黒っぽい部分)がもっと全体的にむき出しになってくれると思うのですが、お掃除ロボットを動かすための仕組みがくっついているためか、表面が複雑です。
進撃の巨人の顔面を連想してしまいました。
取り外したかったですが、無理なことをして壊してしまっては本末転倒なので、そのままにしました。
おそうじ機能付きの機種だとエアコンクリーニング料金が跳ね上がる理由がわかったような気がしました。

…てか、色々書いていますが、エアコンが汚すぎて情報が入ってこないですよね…。



IMG_7222.jpg
こちらが、吹き出し口から中を覗き込んだところです。
手前が、風向を変えるルーバーです。取り外せるようなのですが、冒険はしないでおきました。
奥に、ファンが見えています。
この写真で伝わるか定かではないのですが、汚ったないです。。><



IMG_7224.jpg IMG_7225.jpg
洗剤です。
エアコン専用の洗剤も売られていますが、プロの方のサイトを見ると、このような普通の家庭用洗剤でOKということだったので、家にあったマイペットを使いました。
リビングのエアコンの場合、油汚れもけっこう強いので、オレンジ洗剤みたいなのも有効みたいです。100円ショップのものでOKなのだそうです。

写真は撮れなかったのですが、この泡洗剤を、フィンとファンにたっぷりと吹き付けました。




洗剤を吹き付けたら、汚れをゆるめるために、しばし置いておきます。




IMG_7331_201707261550201fd.jpg
その後、フィン→ファンの順番に、ブラシでこすっていきます。

フィンの方は写真が撮れなくて、こちらはファンの方の写真です。
円柱状になっているので、こすって、少し回して、またこすり…を一周続けていきます。
汚い!汚すぎる!!!!><
これ多分、埃が固まったものにカビが付いてる状態なんだと思います。
真っ黒な汚れが出る出る!!
こんなエアコンを使おうとしていたなんて、ゾッとします…。

フィンは、手前のパーツが本当に邪魔でした。。(*`皿´*)ノ
おそうじ機能なんていらない!と心底思いました。^^;
お掃除してくれると言ったって、フィルターだけだし…。



IMG_7326.jpg
汚れをこすり終わったら、スプレーで水をかけて洗剤を洗い流していきます。
水は、霧ではなくて、ストレートでピューっと飛ぶようにしておきます。
それはそうと、なんやねんこのピンクのTシャツは。



IMG_7332.jpg
出るわ出るわ…
洗い流された汚水です。
養生したゴミ袋のポケット部分にたまっていきます。
このくらいの量になったら、重さで養生が落ちてこないように、水を捨てながらすすぎ作業を進めていきました。
(最初に、このポケットの底に穴をあけておいて、そこから紐を垂らし、バケツなどを受けておく装置を作っておけば、汲み出しの手間は省けるみたいなのですが、私は下準備が面倒で出来ませんでした^^;)

ファン部分は、ブラシでこする時と同様、少しずつ回して一周させながらよくすすいでいきました。



IMG_7333.jpg
最終的に、このくらい綺麗になったところで、すすぎ作業をおしまいにしました。


洗剤や水を使うこの作業を通して、最も重要なことは、エアコン本体右端にある「電気系統」の部分には絶対に水分を付けないということです。
それをやっちゃうと、エアコンが一発でおだぶつなのだそうです。
私の場合、ビビりなためにエアコンをほとんど分解できなかったので、基盤部分を養生するほどでもなかったのですが、必要に応じて養生はぜひした方がいいと思います。




IMG_7334.jpg
あとはしっかり乾燥させるだけ。
この乾燥を怠ると、余計にカビを生やしてしまうだけという笑えない事態になるそうです。

フィルター、カバーを元に戻し、送風モードで2時間くらい運転します。



IMG_7348.jpg
しばらくの間は、機械の内部から水分がぶわ~っと吹き出してきたりするそうなので、養生していたゴミ袋で本体をすっぽり包み込むような感じに貼り付けて、運転しました。
風で袋がこんな感じに膨らんで、立体的なクジラとかサメみたいでなんだか楽しげです。
一緒にいた娘が、「目とか口とか描きたい!」と申しておりました。(笑)



朝10時半くらいから始めて、カーテン4枚の洗濯と並行して休み休み作業し、終わった(乾燥開始)のが午後2時か2時半くらいだったでしょうか…。
プロのエアコンクリーニングが1~2万円するのは仕方がないと思います。
素人がやるのとは比較にならないくらい、しっかり綺麗になるのでしょうし…^^


ですが、こんなロクに分解もできていないど素人エアコン掃除でも、あの嫌な臭いはほとんどわからないレベルになってくれました^^
特別な道具は一切使っていませんし…。
これ位だったらまたやろうかなというのが私の感想です。
あくまでド素人レベルなので、プロに頼む頻度を少し減らせるかな?程度のものだと思いますが…


夏休み中の娘とおしゃべりしながら出来たので、楽しくできました。
感謝。






読んでくださって、ありがとうございました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://meketey.blog.fc2.com/tb.php/1118-3a810634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イーストのパン «  | BLOG TOP |  » 生徒様のパン♪

プロフィール

めけてー

Author:めけてー
大阪府堺市北区の自宅で小さなパン教室「FUCCA(フッカ)」を開講しています。

主人と娘(7歳)、息子(3歳)の4人家族です。

会社員時代はデザートと介護食&病院食の開発をしていました。

現在は自宅でパン(イースト、自家製天然酵母)、お菓子を作っています。

カテゴリ

日記 (32)
パン作り (323)
お菓子 (218)
料理 (48)
収納・DIY (28)
家族 (35)
お弁当 (37)
食を科学する!?話 (19)
お店のうまいもん (18)
手作りパン教室 FUCCA  (155)
習い事 (30)
お気に入りレシピ (32)
本 (10)
カレー (8)
すきま菜園 (23)
FUCCA日程表 (1)

タグ

バラエティパン (368)
おやつ (325)
フランスパン (206)
サフ (190)
イースト (170)
おかず (161)
レシピ (147)
角食 (115)
山食 (94)
酒種酵母(酒粕酵母) (68)
カンパーニュ (34)
自家製酵母 (33)
ホシノ天然酵母 (27)
ビタントニオ (25)
クロワッサン (25)
覚書 (24)
レーズン酵母 (15)
お弁当 (13)
100円ショップ (13)
パニーニプレート (13)
リメイク (11)
ヨーグルト酵母 (11)
調理器具 (11)
顕微鏡写真 (10)
ピッツェルプレート (9)
リビング (9)
キッチン (8)
HBおまかせ (7)
ホームセンター (6)
パネトーネマザー (5)
掃除 (4)
修理 (4)
塩酒粕 (3)
玄関 (3)
洗面所 (2)
トイレ (2)
生イースト (1)
廊下 (1)
照明 (1)
家具 (1)
風呂 (1)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Recommended Items

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスの多いページ